仕事がないと諦めていませんか?

ハローワークの使い方①

FQ034
「ハローワーク」に行ったことのある方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?
最近ではネットやフリーペーパーで求人が行われることが多く、正社員の募集も掲載されています。情報化社会において、家に居ながら多くの企業の情報を手に入れる事は簡単です。そんな中にあってもハローワークが活用され続けているのには、やはり理由があります。
そんなハローワークの利点・利用法を、これから数回に分けて簡単にご紹介いたしましょう。
 
 
◆ハローワークってどんなところ?
 現在は「ハローワーク」という名で知られている「公共職業安定所」。職安、という方がピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか? 若者や女性、外国人に特化したものなど、ひとくちに「ハローワーク」と言ってもその形は様々。フルタイムの求人はもちろん、パートタイムの求人も取り扱っています。無料で様々な求人を見ることができるのは民間の求人誌・サイトも同じ。ですが、求人にあたって掲載料を支払わなくていいという点やハローワーク経由で雇用が成立すると助成金が貰える事など、企業にとってもメリットがあるため、多くの企業の求人情報が寄せられています。

 

◆どんな服装でいけばいいの? 持ち物は?
 初めて利用される場合、服装などを心配される方も多いのではないでしょうか。ですが、基本的には私服で大丈夫! 即日面接の企業もあるのでスーツ着用・持参の方もいらっしゃいますが、ラフ過ぎない恰好であれば特に問題はないようです。
次に持ち物。こちらも特には必要ありませんが、書類の記入や即日面接に対応するために履歴書を持っておくとよいかも知れません。また、スケジュール確認のための手帳やメモ用の筆記用具もあると良いでしょう。

 

◆どこのハローワークに行けばいい?
 全国47都道府県に置かれていますので、お近くのハローワークに足をお運びください。
基本営業時間は、原則として平日8時30分から17時15分までですが、場所によって異なる場合があります。
他より営業日数が少ない場合や土日も営業している所もありますので、詳しくはHPをご覧ください。

 

ハローワーク

 

 

ページトップ
Copyright© 2019 仕事がない All Rights Reserved. 【PR】ホテル求人ならホテキャリ