仕事がないと諦めていませんか?

ハローワークの使い方③

DL176

 膨大な数の求人が登録されているハローワークでは、数が多過ぎて見るのも大変!という様なこともしばしば。逆に、検索してもあまり出てこない、という事もあります。
せっかく沢山あるのに条件が合わない、条件は合うけど勤務地が…など、様々な問題が見受けられ、困っている方のお声をよく聞きます。
 
今回は、そんなお悩みを少しでも解消するための方法をご紹介しましょう。
 
 
端末が使いにくい
 ハローワークで見ることのできる求人の有効求人数は数百万件ありますが、希望する条件を入れても出てこないことがあります。職種も少し分かり辛かったり、条件がざっくりしたものしか入力できなかったりと、数はあっても検索に一苦労。そんな時に活用したいのが、ハローワークのHPでできる検索機能です。
希望給、職種の基本情報はもちろん、詳細情報を設定し、なおかつフリーワードも入力すれば、膨大な数の中から絞り込むことができます。スマートホン専用サイトはありませんが、スマートホンからの利用も可能ですので、空いた時間に新着情報のチェックも可能です。

条件に合うものが出ない
 土日祝日は休み、月給はこれくらい、勤務地は……希望を挙げればきりがありませんが、希望を全て入れたら検索数が少ない、という事があります。そんな時には、入力した条件を少し変えてみましょう。
 例えば、年齢です。ハローワークの端末にも「年齢に前後の幅を持たせる」というボタンがありますが、実年齢より少し低めに設定してみるのも一つの手です。若さよりも即戦力を求めている会社の場合、募集をかけている年齢より少し上でも、経験を優先する場合があります。ハローワークの相談員に前職での経験やスキルをアピールして推薦できると思わせることができれば、求人元に掛け合ってくれる場合があります。
 
 
 希望の勤務地より少しエリアを広げてみたり、希望月給を少しだけ下げてみたりと、妥協が必要な場合もあるかもしれません。ですが、せっかく見つけても続かなければまた探し直し、という事になりますので、譲れないところはしっかり決めて、分からないところはハローワークから問い合わせて貰って、納得のいく就職をしたいものですね。

ページトップ
Copyright© 2019 仕事がない All Rights Reserved. 【PR】ホテル求人ならホテキャリ