仕事がないと諦めていませんか?

50歳でも間に合う? 老後プアって知ってますか?

定年退職まで、残すところあと10年。長年続けた仕事をあと10年頑張れば、悠々自適な年金生活に…。「田舎でのんびりしたい」「退職金で海外旅行に行きたい」など、思い描くプランは様々でしょう。しかし年金を受給できるのは65歳から。この5年間が今後の人生を大きく左右するといっても過言ではありません。現在、定年退職から65歳までの間に退職金も貯金も底をつき、破産状態になる老後破産が急増しているというのです。
 
FQ043
その原因は大きく四つ。
1.年金が生活費より少ない
2.医療費の使い過ぎ
3.子供の借金の返済を負担
4.定年を過ぎても住宅ローンが残っている
だそう。思い当たる節がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
悠々自適ではなくても、普通の生活を維持するための対策は三つです。
1. 住宅ローンを退職するまでに払い終える計画を立てる
2. 退職するまでに、老後生活に必要な金額を貯蓄する
3. 老後は年金+貯蓄の範囲内で生活するということ
 
特に三つ目の「年金+貯蓄の範囲内で生活する」というのは大事です。というのも、老後破産の原因として、お店を構えたり会社を作ったりすることや、投資に手を出して深みにはまってしまったりという事があげられるからです。また、退職前の収入でしていた生活をし続けることによっても、家計は圧迫されていきます。年金を前倒しにすると後々の年金の支給額も変わってしまいますので、退職前に家計や負債を確認してみると良いでしょう。
 
定年退職まであと10年。まだまだ十分な時間がありますので、どうすれば理想に近づけるのか、“これから”を考えてみてはいかがでしょうか。

ページトップ
Copyright© 2019 仕事がない All Rights Reserved. 【PR】ホテル求人ならホテキャリ