仕事がないと諦めていませんか?

男性も女性も“更年期”に悩む

 更年期とは一般的に40代後半から50代後半を指す時期です。
 
 女性の場合、閉経をはさんだ前後約10年間のことをさします。日本人女性の場合、40代に入ると約5%の女性に生理不順がみられるようになり、45歳くらいから閉経する人が出始めます。日本人の平均閉経年齢は50歳ですから、45歳~55歳あたりが更年期にあたるといえるでしょう。
閉経が近づくと卵巣のはたらきが低下し、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの量が急激に減少します。それにともなって身体に出てくるさまざまな症状を総称して、更年期症状とよびます。女性ホルモンは生涯同じ量が分泌され続けるわけではなく、40代後半から急激に減少しはじめます。すると、自律神経が一時的にパニックを起こし、暑くもないのに汗がふき出たり、突然動悸が激しくなったり、肌が乾燥したり、イライラしたり、気持ちがふさいだりするなど、これまで経験したことのないような、さまざまな不調があらわれやすくなるのです。また、エストロゲンには悪玉コレステロールを減らして動脈硬化を予防したり、骨を丈夫にする働きがあります。そのためエストロゲンの減少によって、動脈硬化による心臓病や高血圧、あるいは骨量の減少による骨粗しょう症が起こりやすくなります。不定愁訴のような症状がなくても、更年期以降の女性は生活習慣病のリスクが高くなるので、十分な注意が必要です。
 
“更年期”というと女性の症状だと思う方も多いでしょうが、男性にも更年期があります。DL153
男性の更年期に起こる症状は、男性ホルモンである“テストステロン”が大きく影響しています。
人生で一番テストステロン値が高い時期は20代で、中高年になってくると男性ホルモンは徐々に減少します。一般的に男性ホルモンの減少というと性欲減退やED(勃起障害)などと結びつけられるだけで、命に別状はないものと思われがちです。しかし、男性ホルモンは性的な部分だけではなく、精神にも多大な影響を及ぼしている要素で、減少の影響は思いもかけないところまで及びます。
例えば、男性ホルモンが少ないと、やる気の減退やうつ症状、筋肉痛、心筋梗塞や脳梗塞リスクの上昇などが更年期障害の症状としてあらわれ、一見テストステロン(男性ホルモン)と関係のないように思える身体のさまざまな不調とも密接に関わっていることが多いのです。
エストロゲンと比較すると、テストステロンについての研究はまだ遅れています。しかし泌尿器系の症例などから、テストステロンの減少によって前立腺肥大症を起こしやすいことがわかっています。そのため、さまざまな排尿障害はひとつのサインとみることができます(排尿に時間がかかる、勢いがなくなる、残尿感がある、頻繁にトイレに行くなど)。
また、テストステロンは発毛とも関係しているため、個人差はありますが、その減少によって脱毛が起こりやすい傾向もみられます。
 男性の更年期は認知度があまり高くないため、「うつ病」だと思ってしまうケースがあります。実はうつ病と男性更年期障害は同じような症状が見られ、密接に関係しています。長い間、うつ病だと思い込んで病院を転々としてしているケースが少なくありません。うつ病に対しての正しい知識、男性更年期についての理解を深め専門クリニックで受診することで症状は少しずつ回復するかもしれません。
 
 
 更年期の症状は、身体だけでなく心にも表れます。
睡眠不足や偏った食事による自律神経の乱れを整える、適度に運動をする、過労やストレスを溜めこまない。今まで無理がきいた事でも、体が変わっていく時期に今一度生活を振り返り、人生の半分を頑張った肉体への労りの時期と捉えても良いかも知れません。
 
 

ページトップ
Copyright© 2020 仕事がない All Rights Reserved. 【PR】ホテル求人ならホテキャリ