仕事がないと諦めていませんか?

衛生管理者

国家資格の一つで、企業で働く人の安全と健康を守るため、工場などの現場の衛生全般を管理をする専門家です。
(衛生管理者の資格は、第1種と第2種の2種類があり、第1種は全業種を担当できますが、第2種は特定の業種に限られます。)
労働安全衛生法により、常時50人以上の労働者を使用する事業場で選任が義務付けられていますので資格としての価値が高いです。
企業によっては、資格取得を昇進への必要条件とする企業もあり、特に人事や総務系の管理職にとっては必須の資格とも言えるでしょう。殆どの企業では取得者に資格手当も付与される事がありますので、これも資格取得の魅力の一つです。
 
衛生管理者は主に労働安全衛生法において定められている疾病の予防、健康診断による疾病の早期発見といった健康管理、換気や照明の具合など作業環境や内容を各方面からチェックすることなどが業務となります。
 
国家資格試験は年に1回〜2回というものが多いですが、衛生管理者は毎月2、3回行なわれています。第1種、第2種ともに試験は同じ日に行なわれる為、同日に受験することができません。試験日程や試験会場(安全技術センター)につきましては、公益社団法人・安全衛生技術試験協会のホームページに記載されています。
試験の受け付けは試験日の2ヶ月前から開始され、受験者が多いと早々に締め切られてしまいますので、早めに申し込みをしましょう。

ページトップ
Copyright© 2020 仕事がない All Rights Reserved. 【PR】ホテル求人ならホテキャリ