仕事がないと諦めていませんか?

登録販売者

登録販売者とは、医薬品販売の専門家の事です。
薬局・ドラッグストア・コンビニでお薬を販売する専門スタッフになります。
しかし、登録販売者の資格があるからと言って、全ての医薬品の販売が認められているわけではありません。第二類、および第三類医薬品に限定されています。
薬剤師程の高度な知識は必要ありませんが、お客様から相談があった場合には正しい知識をもって情報提供をしないといけないこともあります。
 
登録販売者になるには、まず都道府県で開催される試験に合格する事です。年に1回以上、各都道府県ごとに試験が行なわれます。
受験資格は学歴・年齢不問。実務経験不問。誰でも受験する事ができます。
試験内容は厚生労働省発表のガイドラインを基に各都道府県が試験問題を作成しており、出題範囲は下記のとおりになっています。
 
 第1章 医薬品に共通する特製と基本的な知識
 第2章 人体の働きと医薬品
 第3章 主な医薬品とその作用
 第4章 薬事関連法規・制度
 第5章 医薬品の適正使用・安全対策
 
出題数は120問、試験時間は240分となります。
合格ラインは全体の70%の正解率が目安となりますが、各項目のどれか一つでも35~40%以下の正解率しかなかった場合不合格となります。
合格証又は合格通知書は、販売従事登録の際に必ず必要になりますので、失くさずにちゃんと保管しておきましょう。
 
試験合格後、登録販売者として一般用医薬品の販売に従事する場合は、勤務する店舗を管轄する保健所へ販売従事登録を行う必要があります。そこでようやく登録販売者としてお仕事に就くことができます。
 
現在ドラッグストアなどに務めている方は、登録販売者の資格を持つ事で任される仕事も増え、店長・エリアマネージャーなどのステップアップにも繋がる可能性があります。

ページトップ
Copyright© 2020 仕事がない All Rights Reserved. 【PR】ホテル求人ならホテキャリ