仕事がないと諦めていませんか?

50歳を過ぎたら、保険の見直しを

 50代に入ると、子供が独立して教育費もひと段落、家のリフォームを行ったり、定年後の生活に向けて準備をしはじめたりと、セカンドライフを安心して過ごすための準備を始めなくてはならない時期です。
子供の教育費の負担がなくなれば、そこに割いていた資金を自分自身の老後の準備に充てることができます。しかし、親の介護や自分の体調不良などの変化があると、どのように見直すべきなのか悩んでしまいますよね。60代になってしまうと病気のリスクも増えますので、保険の見直しができるのは50代が最後かもしれないと考えるとさらに慎重になってしまうかと思います。
現状の保険を見直して必要なもの・不必要なものを精査すると、資金準備や出費軽減に繋がりますので、これを機に考えてみてはいかがでしょうか。
 
 
ポイント1
 子供が社会人になったら、高額な死亡保障は不要となります。その分の保険料を、今度は老後の生活資金のための「個人年金保険」や、一生涯の死亡保障の確保と同時に貯蓄にもなる「終身保険」などにシフトしていきましょう。
さらに、特に優先したいのは医療保障です。50代以上になると、生活習慣病や女性疾患のリスクが急激に高くなります。手術や入院も他人ごとではなくなりますので、こういった保障も重要になります。
 
ポイント2
 子供の独立後や定年後は、保険を見直す時期となります。ただし、今後ますます生活習慣病のリスクが高まる時期となりますので、医療保険やがん保険に加入している人は、できるだけ継続することをおすすめします。特に先進医療など、高額な医療費がかかる場合のリスクに備えましょう。
 
ポイント3
 50代の人には、若い頃に加入した保険を続けているという人は多いものです。そういう人であれば、お宝保険に加入している可能性があります。お宝保険とは利率が高いころに加入した貯蓄性の保険のことです。
保険を見直すときには、終身保険や年金保険などの貯蓄性の高い保険は昔に契約した保険の方がトク、定期保険などの掛け捨て保険は新しく契約した方がトク、と覚えておきましょう。
 
 
 見直すとしても様々なプランがあり、調べるだけでもとても大変です。契約している保険会社の担当者やファイナンシャルプランナーなどに相談してみると良いでしょう。
 
 

ページトップ
Copyright© 2019 仕事がない All Rights Reserved. 【PR】ホテル求人ならホテキャリ