仕事がないと諦めていませんか?

中年の危機、ミッドライフクライシス

 「ミッドライフクライシス-中年の危機-」とは、人生の中頃に「本当にこのままでよいのだろうか」「悔いのない人生をおくれるのだろうか」「これが自分の本当に求めていることなのか?」と自分の生きる意味を問い直さずにはいられなくなることです。欧米ではすでにこの言葉が一般的になり、すでに社会問題として認知されています。
 DZ083
 人によって差はありますが、大体30代後半から、40代、50代にかけて、約80%以上の人が経験するといわれます。この時期は、人生の中でも一番能力と経験のバランスのとれた、人生の最盛期ではないかと思いまが、若い頃目指した所に到達してしまい、仕事でも家庭でも満足しているのに「何かが違う」と妙な虚しさを感じたり、「これまで価値を感じていたものが急に無意味だと思うようになった」と思うのです。思い当たる節があるというあなたは、すでにミッドライフ・クライシスになっているかもしれません。
 
 何かをやめて、新しく何かを始める、というのもミッドライフ・クライシスの特徴です。
例えば、今まで関心のなかった大型バイクに乗り始めたり、スポーツを始めてみたり、美容に気を使ったり、髪型を変えることで自信を取り戻せた、といったプラスの効果もあります。
その反面、浮気や不倫をしたり、急に仕事を辞めたり、かとおもえば転職をしたり…。アルコール中毒、買い物依存症、自殺やドラッグにはまってしまう、というマイナスの要素も起こりうるのです。仕事が大成功しているエリートや、誰もがうらやむような家庭を持っている人でさえも、例外ではありません。
 
「ミッドライフ・クライシス」はいわば中年期の思春期。
自分を本当に理解できるのは自分だけです。他人の人生と比較するのをやめ、ありのままの姿を受け入れることが大切です。
うまくこの時期を乗り越えて、新しい道を歩んでいきたいですね。
 
 

ページトップ
Copyright© 2018 仕事がない All Rights Reserved. 【PR】ホテル求人ならホテキャリ